イエスは二人いたのかも。

シュタイナーの事を久しぶりに調べてたら、

イエスが二人いるかもしれないと知った。

こちらのサイト読んでたら。

シュタイナーの仏教感

イエスは二人いた


聖書ではイエスが生まれた時の記述は二箇所ある。

ナザレで生まれたイエス(ルカによる福音書)と

ベツレヘムで生まれたイエス(マタイによる福音書)。

公式見解?ではイエスはベツレヘムで生まれたということになっている。

シュタイナーによると

ナザレのイエスは仏陀ベツレヘムのイエスはゾロアスター!の魂が

入ってたらしいぞ。面白すぎる。

ゾロアスターはゾロアスター教を作った人。ザラスシュトラとも言う。

ニーチェのツァラストラってザラスシュトラのことだった!!

なるほど。


二人のイエスは12歳になったとき、エルサレムの神殿で一人になった。

ベツレヘム生まれのイエスは肉体を失い、ゾロアスターの魂は去り

ナザレのイエスが残った。その後ナザレのイエスは30歳でヨハネに洗礼を受け、

仏陀とゾロアスターの合流したもの・すなわち「キリスト」になった。

という解釈でいいのかな??

「仏陀は慈悲(愛)」で「ゾロアスターは知恵」。

私は「キリストが愛」で「仏陀が知恵」と思ってたけど

仏陀とゾロアスターが統合されたものがキリストだったとは、、、

けっこう衝撃だ。


ところでゾロアスター教は世界最古の一神教であるらしく、

善悪二元論を持ちながら、善が勝つという教義だったみたい。

いいね。フレディマーキュリーってゾロアスター教なんだってさ。


シュタイナーの本は図書館で借りて何冊か読んだけど

何でこんなに知ってるの?っていうすごさ。

しかしオカルトすぎるので一般受けしないだろうな。

そういえば植物園の展示終わったー

ぱんちゃんのブログ

2018年、しらかばの森に小さな家を購入。テクノロジーを駆使した家へリフォームします。他にも読書したり、オカルトなこと考えたり、アートもやります。たまにニコ生でも配信します。肩書きは特にありませんが、ニートという言葉が好きです。詳しくはプロフィールへどうぞ。

0コメント

  • 1000 / 1000